素朴屋株式会社

menu

お知らせ

TOP > お知らせ一覧
2022.08.17(wed)
「山存」と書いて「ヤマゾン」と読む

2022年8月11日(木・祝日)

山の日に毎年行われる「山存フェスタ」にブース出店した。

避暑地である清里でのイベントは本当に涼しい

 

人と人、企業と企業、居住と移住、つなぐ、をテーマにした異業種コミュニティネットワークが「山存」。「山存フェスタ」は素朴屋と大変関係の深い林業社・有限会社天女山さんを中心に主催している。2年ぶりの開催、、、おめでとうございます。

イベントの運営側は、見えないところで大量の汗をかいて頑張っている。

イベントを主催する時、出店する時、参加する時は、そんなことも考えながら、役に立てるよう、楽しもうと決めている。

 

素朴屋ブースでは主に

「そ」の暖簾を掲げて

ワークショップを実施。

 

素朴屋ブースでできること

 

客観的に、全部、楽しそう!と思えるラインナップ

 

実際に、大盛況!

素朴屋のブース

 

素朴屋のブース

皮むきは重労働?と思いきや、やり始めると大抵の人がはまってしまう。

皮がむける時は、まさに快感筋トレ。

丸太の皮むき

 

消臭木、原木、まな板販売も完売!

 

前日から、出店準備。

荷物やテント、丸太の搬入に一役買ってくれたのが、地元の中学生。

職場体験、という課外授業の一環で素朴屋を選んでくれた若者達だ。

 

中学生特有のテンション。若干脱力系。

 

が、やる気スイッチを入れる必要は全くない。

やる気あるのか?とつい大人たちは言ってしまうが、当日朝7時30分に集合してくれただけでもやる気は十分。

楽しいことを一緒に楽しんでやるだけ。

 

墨付け
ビス打ち
丸のこ

 

中学生が小学生に皮むきを教える

 

開催日前日に、特別に重機に乗せてもらう中学生

 

ご来場いただいた皆様、イベント運営の関係者さま

暑い中、最後までバッチリやり遂げてくれた中学生2人に、心から感謝申し上げます

(イベントの最後の片付けとか、サボり始める人もいるので:笑)

 

素朴屋の縁側で爆睡
このページをシェアする