素朴屋株式会社

menu

施工事例

Tiny house 2

山梨県北杜市大泉町
住宅
1/9
2/9
3/9
4/9
5/9
6/9
7/9
8/9
9/9
「娘家族の敷地に離れをつくりたい」。
以前、素朴屋で建てた小屋の隣に、新しく杮葺き(こけらぶき)のタイニーハウス「父の家」が完成した。

小ぶりな方形屋根としつつも、その1/4以上をバルコニーとして外部に差し出すことで娘家族を外部環境として取り入れ、また窓の平行配置を若干ずらすことで、母屋には耳を傾けるように少しだけ顔を向ける設計を心掛けた。八ヶ岳などの山々に囲まれた贅沢な立地である本物件は、南西の壮大な南アルプスを眺望できるよう、大きな窓台をもうけた。時に腰かけとして、ちゃぶ台として、また文机として、景色を絵画のように眺めながら、訪れる人の目を見張る憩いの場所となるように想定した。西日の強い日でも通風を確保するためにの格子戸も、夕方以降の室内の雰囲気を一層良いものに変えてくれる。

北側には、書を楽しむための長い机、明かり取りの為に畳の寝床をぐるりと囲んでいる窓を設置。その窓から見える田園風景は季節の変化を如実に語ってくれ、それに囲まれながら、寝床であぐらをかいて本を読み、物を書き、書にふける父の姿を想像しながら施工した。

娘家族や地域の人々も父と同じ「ひととき」を過ごすことを期待している。施主様の想いと娘家族の願い、素朴屋の建築思想と技術が集結した素敵なタイニーハウスとなった。

娘家族も、父の離れのために庭を整え、父の新しい門出に花を添えている。
皆が気軽に訪れる場所になるように。
竣工年月2022年4月
所在地山梨県北杜市大泉町
延床面積36.6m2
階数平家
構造木造