素朴屋株式会社

menu

家は建てない。
幸せを建てる

いよいよ家を建てる。刻みは数人で黙々粛々とやるものだが、
建て方は賑やかだ。人海戦術である。一人親方の皆様にも手伝っていただく。
家の骨格が見えてくる。最後に棟が上がる。上棟だ。上棟式だ!
地鎮祭で呑み、上棟式で呑む。とことんベロベロになろうじゃないか。
内外装の仕上げは地味〜な作業だ。サッシを使わず、建具を木で組むのも
根気のいる仕事だ。でも大工の本領が発揮されるところでもある。
なぜならば、素朴屋が建てる家には、住む人の幸せが
隅から隅までずずずい〜っと、詰まっているのだ。幸せを建てているのだ。
どうだ!参ったか。

板図とはなんだ

建て方だ。午後イチには棟上げまで終わりたい。素朴屋ではその時、板図なるものが登場する。設計士が書く設計図を、棟梁が番付表に移し替えたものだ。番付表は三尺六尺の一枚の板に描かれる。よって板図。1500年以上の棟梁たちの歴史がこもっている。いろはに、壱弐参四、刻まれた材には、「い壱」とか「ほ四」とか番付が書かれてあり、建て方では板図を見ながら、どんどん材を組んでいくのだ。早い。

笑いつつ緊張せよ

大勢の大工さんたちが賑やかに建て方を進めている。掛矢(でっかい木またはプラスチックのハンマー)で柱に桁を叩き込む者、クレーンを運転して材をまとめて高いところに運び上げる者、継手(二本の材を繋いで長くする)に込栓(木で作った釘のようなもの)を叩き込む者、組手を四人がかりで組んでいく者たち、みんな楽しそう。でも緊張感を忘れてはならない。いい加減は危険だ。

棟が上がった

屋根の一番高いところを支える材を棟という。この棟が上がれば建て方は終わりだ。いよいよ「上棟式」だ。晴れてて良かったぜい。神棚を用意し、お施主さんと大工一堂で上棟を祝う。まだ骨組みだけの家の四隅に日本酒と米を供る。そして棟札(守護札であり、その建物の戸籍書。厚板に浄書する)を棟の束柱に縛りつける。最後は素朴屋オリジナルの木遣を唱う。ヨ〜ヨ〜ヨ〜♪

仕上げはつらいぜ

上棟式の締めは大宴会。飲めや歌えや大騒ぎ。お施主さんが手料理を振舞ってくれたりもする。明日からは屋根が始まる。仕上げの造作は地道な作業だ。建て方とは違って、数人で淡々と進めていく。素朴屋では大抵、ドアや窓、キッチンなどの建具も木で作る。安易にアルミサッシは入れない。これもまた根気のいる仕事である。家のサイズによって変わるが、引き渡しには数ヶ月かかる。

こだわり

それが「刻」。家を建てる。
そのすべての工程に、こだわりを刻む。