素朴屋株式会社

menu

お知らせ

TOP > お知らせ一覧
2021.05.06(thu)
素朴屋と「きざみ」

皆さんは「きざみ」という言葉が分かりますか。
「きざみ」はこの漢字です:刻み

あぁ、この漢字なら私は、「遅刻」と「彫刻」という言葉で見ました。
また、「刻」に相当するベトナム語での漢越語(「KHẮC」という)、があるのでこの漢字の意味がだいたい分かります。

時間を表現する

⇒ 大きな柱時計が時を「刻む」

刃物で何かの物を特別な形にする

⇒ また、彫刻は木や石を「刻む」し、お料理のときも包丁で野菜を細かく「刻み」ます

という意味を示しますね。

それで、「刻み」は素朴屋とどんな関係があるのか?

素朴屋は木造住宅を建てます。伝統工法で建てます。

金属をほとんど使わずに、木の組み合わせによって家を建てます。

木の組み合わせができるように「刻み」という作業が重要です。

そして、素朴屋では「手刻み」です。

鉋(かんな)と鑿(のみ)などを使って、大工の手が木を刻みます。

時間はかかります。時を刻み、木を刻む、それが素朴屋の職人の仕事です。

※鉋(かんな)を使って加工しているところ。
※鑿(のみ)を使って加工しているところ。

~ Soboku Rin in Hanoi ~

このページをシェアする