古民家再生

古いものの良さを活かすのは
技術がないとできません

古い家を直すことも出来ます。「建築・意匠 そぼくや」の大工は、全員高い技術を持っているので、古くてクセのある材も、その良いところを活かし、傷んでいるところは適切に直して、蘇らせることが可能です。足元が腐ってしまった柱を継いだり、古い基礎石を活かし、そこにピッタリと合うように柱を加工したり、強度に不安があるところに補強したり。
そうすることで、思い出のある建物、味わいのある建物に、もう一度、新しい命を吹き込みます。

古民家が痛むのは、湿気に触れる足元からが大半。一度、畳や床板をはずして材の状態を調べ、腐朽しているところは新しい材と取り替えます。

柱を全部取り替えてしまうのではなく、傷んでいる足元を切り落とし、その部分を新材と取り替えます。これを「根継ぎ」と言います。

古い柱と新しい柱をしっかりと一体化させるために、継ぎ加工をします。これは「金輪継ぎ」という、手間はかかりますが高い強度を得ることができる継ぎ手です。